【お客様実例】ぱつんと短い前髪がポイントのショートボブ。

今回ご紹介するのは周りと少し差がつくようなショートボブスタイル。
短めの前髪でアクセントをつけることで可愛らしくおしゃれなショートボブに。

そんなお客様の実際の悩みやカウンセリング、カットのポイントを紹介いたします!

BEFORE / 【直毛、細毛】

今回のお客様は直毛、細毛さんタイプ。
直毛

  • 髪がストンと落ちやすい
  • コテで巻いてもすぐ落ちる
  • ボリュームが出にくい
    細毛
  • トップがペタンとする
  • 髪が少なく見える
    この辺りが特徴のタイプの髪質で、メリットもたくさんありますが、お悩みとしてはとても多いタイプのお客様です。
    細毛だとショートでも大丈夫?とお考えの方もいらっしゃるかもしれませんが何も心配することはございません!!
    ボブ、ショートヘア専門美容師/石坂勇人におまかせください!!

悩み/カウンセリング

ショートヘアは何度か経験されているんですが前回久しぶりにミディアムくらいまで伸ばしていて、今回バッサリとショートにしたいとのことでご予約を頂きました。
スタイルチェンジやバッサリとカットをさせて頂く時にはしっかりとカウンセリングをいたします。
悩みや希望を汲み取りながら専門家ならではの提案をお客様と共有しながらヘアスタイル作り致します。

お客様の悩み、希望としては

  • 簡単に乾かせるヘアスタイル
  • ショートでも可愛らしく
  • ボリュームが出にくい
    この三つが1番のポイントです。
    ショートヘアであるからには簡単にいつでもドライヤーができてヘアセットが上手に決まることが大切です。
    その上で悩みを解決したり理想のヘアスタイルにカットしていきます。

なりたいイメージ

持ってきたイメージがインフルエンサーの『yoshinariyuri』さん。
パツンとした前髪がポイントのショートボブスタイル。
可愛らしくなりやすいショートボブに短めの前髪を作ることでモードな感じをプラスして印象を少しおしゃれ寄りに、周りと少し違ったヘアスタイルにできます。
このバランスはとても使いやすいのでオススメです!
可愛らしさ 8 : 2 モード / クール

カットは重さをコントロールしながら!

細毛の直毛さんなので不必要なセニング(すきバサミ)で量は取り過ぎず重さを積み上げていくイメージでカットしていきます。
積み木がどんどん積み上がっていくイメージかな?笑

狙った位置(髪全体の半分の下あたり)にバックの奥行きが来るようにコントロールして、そこから緩やかな前下がりで顔まわりに向かってカットしていきます。

丸みのあるフォルムを作りながら顔まわりに長さを残すことで優しい印象を残すことができます。
前髪とのバランスが大事なので、この時に少し長めに残しておいて、ポイントの前髪をカットしていきます。

AFTER

丸みを感じるショートボブにアクセントとなる短めの前髪をポイントにして丁寧にカットをして完成しましたー!!
前髪はカットしていく段階で短くしてもいいとのことだったのでイメージよりも少し短く、より印象的に仕上げました!

スタイリング方法

仕上がりまでの乾かし方やセット剤の使い方も異なるのでお客様一人一人にあった説明を行なっております

ドライヤー

襟足をタイトに小さくすることでトップやバックにボリュームを出さなくても簡単に頭の形を綺麗に見せることができるので、まずは襟足に上から風を当てて乾かします。


次に前髪も抑えるように上から風を当ててコンパクトに乾かします。
そのあとに全体を少し下からドライヤーの風を入れてふんわり仕上がるように乾かします。

スタイリング剤

柔らかめのワックス or 油分多めのバーム がオススメです!!
ドライヤーで綺麗に作ったフォルムを崩さない程度の柔らかいセット剤でも丁寧にカットしているので綺麗に収まります。

毛流れのイメージ

トップからの毛の流れをイメージすることでドライヤーのやりやすさが格段に上がります!!
コツはつむじを少し前側に設定しながら乾かすと自然とふんわりとします。

印象をコントロールできる

カットだけでフォルムをしっかりと作り、狙った位置にウエイトを持ってくることで印象をコントロールできます。
そこにお客様のイメージにあったポイントを作ることでお客様だけのヘアスタイルが完成します!!

その他のお客様実例

まとめ

いかがだったでしょうか?
バッサリとスタイルチェンジや、ショートでも少し変えたいとお考えの方に少しでも参考になればなと思います!

【お客様実例】収まりの良いショートボブ