【お客様実例】収まりの良いショートボブ

【自分に似合うボブ、ショートヘア見つからない、、って諦めていませんか?】

上質なボブ、ショートヘアを専門とする美容師にお任せください!!

石坂勇人

骨格や髪質の悩みを解消して、自分で扱えるヘアスタイルを提供する石坂勇人です!!

ステキなボブ、ショートヘアで新しいあなたに。

こんな方におすすめ
  • カットが上手、得意な美容師を探している方
  • カウンセリングを丁寧にして欲しい方
  • いつまでも通えてお任せできる美容師をお探しの方
  • いつも短くするのを止められる
  • 初めてや、久々のショートに不安な方
  • くせ毛や髪質でボブ、ショートヘアを諦めている方
  • 自分に似合うボブ、ショートヘアを見つけたい方
  • 自分でキレイにヘアセットができるようになりたい方

BEFORE / 多毛、クセあり

今回のお客様は髪の量も多く、少しクセもあり広がりやすいタイプの髪質です。

髪の毛量が多いと

まとまりにくい、、

髪が広がる、、

パサついて見える、、

少しのクセでも

湿気でウネウネする、、

セットがうまくいかない、、

などセットする上でうまくいかないことが多いです。

ですがボブ、ショートヘア専門美容師による独自のカットで収まりやすくキレイに見えるショートボブはお任せください!

悩み / カウンセリング

ここ最近はショートボブを継続していましたが、これからは伸ばしてボブ系にしていきたいとのこと。

なので前回から4ヶ月ほど時間が経って毛先のパサパサ感や広がりが気になるように、、。

伸ばして行きたいとは言えど、キレイなヘアスタイルで過ごしたいものですよね。

伸ばしていく最中も楽しめる!そんなイメージでカットいたします。

お客様の悩み、希望としては

髪が多いのが気になる、、

丸く優しいイメージにしたい!

手で乾かすだけでまとまるようにしたい。

この3点がポイントです!!

こちらのお客様のショートボブでも大切なのは幼く見えないようにすること。

長さを決めるカウンセリングを丁寧に行います。

希望のスタイリング

仕事も忙しく毎朝早いので、ハンドブローで終わるような簡単にセットできるスタイリングにできるのが理想。

あまりふわふわさせすぎずある程度重さを残して、ハンドブローだけでもキレイに見えるショートボブにします。

すっきり収まるようにカット

ボブやショートボブで重さや量が気になるポイントが首の周りや耳後ろの毛が多く溜まりやすいエリア。

ここはツーセクションカットで毛の厚みを減らして表面からかぶってくる髪の広がりを抑えます。

表面から見えない場所の厚みを減らすことによって毛先の丸みも出しやすく、柔らかく、優しいショートボブにします。

カットのもう一つのポイントはセニング(すきバサミ)で無闇に量を減らす必要も無くなるので表面のツヤも残しやすく、キレイに仕上がります。

AFTER

毛先の厚みと丸みがちょうど良くなる長さでカットして収まりの良い丸みのあるショートボブに仕上がりました!

表面のツヤ感も残しながらカットすることで優しい雰囲気の中にもちゃんとした感のあるヘアスタイルになっています。

スタイリング方法

仕上がりまでの乾かし方やセット剤の使い方も異なるのでお客様一人ひとりに合った説明をしていきます。

同じ髪型でもライフスタイルが違えばセットのやり方も異なります。

ドライヤー

一番最初に乾かすのは襟足!!

えっ!?と思う方もいらっしゃるかもしれませんがまずはココをコンパクトに仕上げることでショートボブは劇的にキレイに収まります。

上方から風をあてて、首に沿うようにドライヤーをしていきます。

土台がコンパクトになるとその表面が収まりやすくなります。

あとは全体を同じように上方から風をあてて乾かします。

このときのコツが髪を引っ張りながら乾かすことがポイントです!

毛流れのイメージ

あまりふわっとさせすぎず、コンパクトに仕上げるのがハンドブローでキレイに仕上げるコツです。

根元〜中間までは引っ張って乾かすことでまっすぐ、毛先にかけてはえりあしをコンパクトにドライヤーする事で自然な丸みを作れます。

まとめ

いかがだったでしょうか??

ちょっとしたクセや髪の毛の広がり、髪の量が多いなーと感じている方の参考になればなと思います!!

一言にボブと言っても長さのバランスや量感で印象も変わってきます。

ボブ、ショートヘア専門美容師によるカットで上質で扱いやすいヘアスタイルにしましょうー!!

【お客様実例】ぱつんと短い前髪がポイントのショートボブ。

ショートヘア ボブにカラーは必要?似合う髪色と理由。